facebook

Cover for こうなるjournal
209
こうなるjournal

こうなるjournal

福井県若狭地方の南川から発信するフリーマガジン「ii川」を発行してい?

1 week ago

こうなるjournal
youtu.be/53CT55uRh70南川のドキュメンタリー!予告編ができましたのでお知らせします。南川を拠点に鮎釣りをする人、研究する人、自然あそびをしている人など、いろんな人にお話を聞いて行っています。そして南川の風景を撮るために上流から下流へ、いったりきたりを繰り返して、どんどん素晴らしい映像があつまってきました。これから制作完成へむけて!順調にすすめてまいります。どうぞみなさまお楽しみにお待ちいただけるとうれしいです✨✨✨ ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

こうなるjournal
南川でサケが産卵していると聞いて、見に行ってきました!大きなサケが体をくねらせて泳いでいるのが見えましたよ!昨日、撮影で取材させてもらった Hikaru Nakano さんから聞いたのですが、体の小さなオスのサケは、固体的に体の大きなオスのサケと違ってメスとつがいになれず不利なので、メスのフリして産卵場に入って、別のメスがくるのを待ってたりするのだそうwサケの世界も、ペアリングするのに努力と苦労が伴うんですねw#サケ #若狭 #清流 #南川 #小浜 #福井県 #鮭 ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

こうなるjournal
ii川9号は【2023年1月発行 予定】です!そろそろ制作中w ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

こうなるjournal
実はじわじわと始まっていた「南川のドキュメンタリー」制作が、いよいよ架橋となってまいりました。>>>>> 予告編ももうすぐアップします!今年の春から企画が立ち上がり、大阪の #小林意匠研究所 と共に制作を開始し、先月ロケハンからの先日撮影という流れから、やっと編集!という段階に入ったところです。南川の上流への探索と、中流、河口付近での命の営みの観察など、撮影を通して南川の移ろいゆく景色の美しさに感動しました。また、南川に携わっている人、遊んでいる人たちが実はたくさんいたことにも驚きました。川に対してそれほど周りの人は関心がないのかなーなんて思ってたのは私くらいで(なんてこったw)、実は結構な人がちゃんと川に関心を持っていてくれたのでした。ありがたい! ... See MoreSee Less
View on Facebook

3 weeks ago

こうなるjournal
今日はサケの産卵観察会でした!10名の高校生と大学生が集まってくれて、とってもうれしかったです。初めに福井県立大学の Daisuke Tahara 先生 から、去年のサケの産卵の時の空撮動画を見せてもらいながら、産卵の習性について説明をうけました。田原先生、その説明をわざわざしてくださるために、車にバッテリー積んでPCとモニター繋げてくださってきたんですよ!しかも事前に入ってドローン動画まで撮影されてました。県大の先生、観察のためにすごい装備と技術をお持ちで感動!そしていよいよサケの産卵を見に、南川沿いを歩いて河原へ。サケなんて川でみたことないしいるのかな。。なんて思っていたら、ちゃんといましたw(観察会するんやし当たり前やん!)コイと間違えるくらいの大きなサケが何匹もうねうね泳いで、産卵の準備をしていました。メスを奪い合うオスの様子や、川底を掘る行為をするメスがいたり、すでに産卵を終えて川底で死に絶えているメスもいました。サケは川で生まれて数年の間海で泳ぎ、元の育った川に帰ってきて産卵し、死にます。死んだら川虫や水鳥たちのエサとなり、また自然に還るという、生と死の自然の循環を目の当たりにしました。サケの産卵は、今年は時期的にまだちょっと早く(例年よりおそめ)、ピークは来週となりそうです。すごいときは国道162号を走っている上からも見えるそうなので、信号待ちの時にでも、南川が白くなっているところをさがしてみてくださいね!あと、今回の観察会では、若狭湾の海ごみをアップサイクルする活動をしている ギザギザ湾・美化美化計画 #アノミアーナ  さんから、若狭湾の海ゴミから生まれた「オーシャングラス」(偏光レンズタイプ)をご提供いただいたものをつかわせていただきました。森から海へ!川がつなぐ若狭湾の生態系。南川流域を大切に思う、とっても心強い仲間です!#サケ #鮭 #南川 #福井県 #小浜市 #若狭 #若狭湾 #清流 ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 weeks ago

こうなるjournal
わかりますか?このまるいかたまり。。今日の南川は朝から鮎の団体が団体をよんですごいことになっていると聞き、見に行ってきました!噂に聞いていた「落ち鮎が黒々とした塊になって川で固まって泳ぐ」というやつを目の当たりにし、興奮と生き物の神秘に鳥肌がたちました。直径3mほどのまるい塊が、ぐるーっとゆっくり左にとぐろをまくように固まって泳いでいく姿は圧巻でした。。もうほんと息をするのもわすれるくらい!地元の鮎漁をしているおっちゃんたちが噂をどこからか聞きつけては橋の上にやってきて「これはすごいなあ!」とうえから眺めていました。どうやら地元でもなかなか見られないすごい稀な出来事だったよう!とにかくほんと、言葉にし尽くせない!伝えきれない!#小浜市 #清流 #あゆ #アユ #鮎 #若狭 #福井県 #南川 ... See MoreSee Less
View on Facebook

1 month ago

こうなるjournal
【サケの産卵 観察会】今富大橋から高速橋までを徒歩で移動し、福井県立大学の田原先生とともに、川沿いからサケの産卵の様子を観察します。歩きやすい服装と靴でお越しください。(川には入りません)●日 時11/12(土))9:00〜12:00(予定)●場 所今富大橋付近(車でお越しください)●参加費無料●定 員特になし●申 込下記フォームからお申し込みください。docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeNPPn1kv3wBHF_BHnVgkN8Q4GYz18ak74Ybf6AvNQDyHYugg/viewform ... See MoreSee Less
View on Facebook

1 month ago

こうなるjournal
イベント開催のお知らせ!今回は高級魚、アラレガコを調理して食べます!一般的には流通してない希少なお魚ですよ〜!みなさんぜひご参加ください!【幻の高級魚「アラレガコ」のお話&料理会】福井県の一部では天然記念物に指定され、絶滅危惧種ともなっている川魚のアラレガコ。実はこの魚、身はフグのように淡泊で上品な味わいで、唐揚げや塩焼き、煮付けなどにすると香ばしく、とってもおいしい高級魚なんです。捌いたアラは出汁にしてもおいしいので、「捨てるところがない」といわれるほど!福井県立大学ではアラレガコの研究とともに、養殖をしています。今回はそのアラレガコを提供いただき、研究をされている田原先生からお話を聞きながら、アラレガコ料理を料理し味わってみましょう。幻の高級魚アラレガコは、どんな味わいなのでしょうか!?●調理予定のもの・アラレガコのごはん ・アラレガコの汁物 ・アラレガコのからあげその他副菜2022年11月27日(日)●場 所食文化館  〒917-0081 福井県小浜市川崎3丁目4−4●参加費2000円●時 間10時から(終了予定 13時)●定 員10名●申 込下記フォームからお申し込みください。docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd33EbD2O0HAOGsaZYScR_TcVmJ8M2nWto8W1wGnC4NkhtAeg/viewform受付後、参加費の支払い方法をご案内します。お支払いを確認した後、参加申込完了とさせていただきます。●お問合せkounal.guest@gmail.com●講師・福井県立大学 教授 田原大輔さん海のない岐阜県生まれ。小学生の時にアユ釣りで流され、九死に一生を得る。心底ずっと淡水魚に惹かれ、福井県に来てから念願の淡水魚“アラレガコ”の研究にたどり着いた。南川で遊び、南川に通い、南川に魅せられた一人です。南川では、川と海を行き来するアユ・サクラマス・カジカ類などの魚を調査研究しています。・食育アドバイザー 柿本京子 さん伝統的な裃(かみしも)を染めから作る職人を本業としながら、名田庄の「よざえもんcafe」を預かり、ジビエ料理の「野直バーガー」や「鹿肉のへしこ」などを商品開発する。教育旅行の料理講師などもするマルチプレイヤー。 ... See MoreSee Less
View on Facebook